鳥取大学では県内各大学と智頭街道商店街振興組合との共催により、ものづくりの楽しさを体験してもらうことを目的とした「因幡の手づくりまつり」を毎年開催しており、今年は第20回を迎えます。

 そこで20回目となる本大会を記念して、惑星探査ロケット「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーを務めておられたJAXA(宇宙航空研究開発機構)の川口淳一郎教授をお招きし、『惑星探査ロケット「はやぶさ」の技術』と題した記念講演を開催いたします。

 本講演では川口淳一郎先生から、幼い頃の経験から今に至るまでのエピソード、そして現代の技術の粋を集めた「はやぶさ」の宇宙技術を聞くことができます。幼い頃にどのようなものづくりの経験や科学的経験をされたのでしょうか?なぜ宇宙ロケット技術へ関心を持たれたのでしょうか?次世代の子ども達に宇宙技術へ関心を向けるために伝えたいこととはどのようなことでしょうか?「はやぶさ」はどのような技術があるのでしょうか?など、たくさんの疑問にお答えいただく予定です。多くの方のご来場をお待ちしております。

  日 時:平成28年6月11日(土)15:00~16:30

  場 所:鳥取市福祉文化会館4階

  参加費:無料

  定 員:200名

  対象者:小学5年生以上・生徒・学生・一般

  駐車場:鳥取市営片原駐車場をご利用ください。(会場にて無料駐車券をお渡しします)

 

詳細は以下のチラシをご覧ください。

講演パンフ最終 _ページ_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「因幡の手づくりまつり」の詳細については下記ページをご参照ください。

http://www.geocities.jp/tedukuri_project/index.html

また、本事業は大学開放推進事業「鳥取大学ものづくりネットワークプロジェクトによるものづくり教育実践」の一環として取り組んでいるものです。本事業の詳細については下記ページをご参照ください。

http://www2.cjrd.tottori-u.ac.jp/general_cs/1694