平成28年10月21日(金)に鳥取県中部を震源地とするマグニチュード6.6の地震が発生し、家屋の倒壊や一部損傷など多くの被害を受け、改めて自然の脅威を認識しました。この地震発生直後、鳥取大学では独自の調査研究や災害派遣医療チームの派遣を行うなど全学を挙げて支援を行う中、多くの学生が支援活動に取り組みました。

 今回の報告会では、学生から現地での活動内容や現状、活動を通して感じたそれぞれの想いやメッセージについて報告します。

 

詳細は下記のチラシをご覧ください。【申込締切:2月15日(水)】290217学生地震支援報告会 チラシ