事業概要

発達障害特性を持つ子どもは、学校や家庭のなかで多くの困難さを持ち、適切に対応されない場合には不適応行動を起こす場合があります。その背景には、発達障害に対する理解不足と支援システムが有効に機能していない点が挙げられます。本事業では、教員やスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、LD等専門員などの専門職からなるネットワークが有効に機能するようにスーパーバイズすることを目的としています。

事業成果

日南町の保育所、小学校、中学校における発達障害特性を持つ子どもの現状と問題点を整理することで、具体的な子どもの問題点や背景について、多くの専門職と情報共有を行うことができました。今年度末から子どもの状態と評価を行い、対応策を検討する予定としています。次年度以降、対応法の実施状況と成果、見直しを行う予定としています。

  • ● 事業代表者 / 前垣 義弘
  • ● 部局名 / 医学部
  • ● 連携知自体 / 日南町
発達障害児の包括的支援ネットワークの構築