本講座は平成30年度とっとり県民カレッジ講座 未来をひらく鳥取学 特別講座「地域を学び 地域で活かす」の一環としても開催されます。

チラシはこちら↓

サイエンス・アカデミー(とっとり県民カレッジ特別講座)

日程平成30年6月23日(土) 10:30~12:00
会場鳥取県立図書館 2階 大研修室 (鳥取市尚徳町101)
対象どなたでもご参加いただけます
定員なし
受講料無料
問合せ先鳥取大学 地域価値創造研究教育機構 企画管理室 TEL0857-31-6777
主催鳥取大学・とっとり県民カレッジ本部
講師からの
メッセージ

地域学部 特命教授 野田 邦弘

人口減少や少子高齢化で活力を失う日本。特に地方から衰退が早く進んでいるように見えます。しかし、ここ数年都市部から地方への若者が移住が増えています。鳥取県へも毎年2千人程度が移住しており、その7割以上が30代以下の若者であり、48%はIターンとなっています。いったい彼らはなぜ都市生活を捨てて田舎暮らしを選ぶのでしょう。移住者調査から見えてくる地方の将来像を人々の「創適正」という観点から読み解き、そこから明日の地域ビジョンを構想します。