1.公募概要

(1)目 的

本公募では、地域の活性化に貢献できる実用化・事業化できる研究シーズ(コア技術)を支援することを目的としております。これは新しい「研究グランドデザイン」、及び「第3期中期目標・中期計画」を具現化するための研究支援事業であり、その中でも特に研究グランドデザインの中で「新産業創出を推進・支援し、地域の活性化に貢献します」を強力に推し進めるための支援内容になっております。

(2) 公募分野

1)実用化シーズ支援事業

新産業を目指した有望な実用化シーズをもつ研究者、もしくは研究チームを支援することを目的とします。本フェーズでは研究成果の実用性の可能性調査、検証するための研究開発、試作等を支援します。支援事業後には新産業創出支援事業や各種外部資金を活用して、事業化に繋げることが目標となります。

 

2)新産業創出支援事業

地域の活性化に貢献できるインパクトの大きな新産業の創出を目指した事業化チーム(企業研究者の参画が望ましい)を支援することを目的とします。本フェーズでは企業等と連携し、実用化のための実証試験等を行い早期の実用化(社会実装)を目指します。

概要図

(3) 公募概要

表

※研究期間内に中間評価を実施し、評価結果により事業の減額・中止する場合があります。

※公募は原則として隔年で行います。ただし、中間評価等で中止の事業があった場合には一部公募を行う可能性があります。

(4)応募に際する条件

このたび公募を行う支援事業は、各事業終了後に下記の【評価指標】を達成できるプロジェクトを想定しています。

 ①実用化シーズ支援事業

【評価指標】外部資金獲得額:2,000万円以上(実用化に向けた競争的資金、共同研究)

②新産業創出支援事業

【評価指標】商品の売上額:5,000万円以上(上市から3年間)あるいは、

         外部資金獲得額:5,000万円以上(商品化に向けた競争的資金、共同研究)

 

上記の達成に向けて、採択された研究グループには事業化の推進に加え、以下の2点を応募条件といたします。

1)大型の外部資金獲得に向けた、積極的な補助・助成金への申請

2)企業との共同研究の獲得に向けた、産学連携マッチングイベントへの参加

なお、外部資金獲得以外に「とっとり大学発・産学連携ファンド」を活用した起業なども出口戦略として想定しております。

 

(5) 研究経費について

対象経費は、研究開発に係わる研究謝金、研究旅費(国内旅費、外国旅費)、研究費(備品費、消耗品費、光熱水料)、労務費(研究員人件費)、外注費(コンサルタント費など)、計算機使用費、委員会費(会議費のうち、アルコール飲料類を除く)、報告書作成費、その他とします。

 

(6) 事業化推進員の配置

プロジェクトの実用・事業化を推進する推進員を産学・地域連携推進機構のコーディネーター等からチームに配置していただきます。

 

2.応募の手続き

(1) 申請書類

別添の申請書類用紙(様式1)に、必要事項を記入してご提出ください。これに示された形式以外での申請書は認められません(申請書様式の指定に留意して記入してください)。

なお、提出書類は日本語で作成してください。

 

(2) 補足資料

研究内容を把握するための参考資料などがあれば、あわせて添付してください。

(A4版用紙で書式自由、5枚以内)

 

(3) 応募期間:平成28年6月14日(火)~平成28年7月7日(木)17時まで  ※時間厳守(学内便、メール可)

       ※2次(ヒアリング)審査は平成28年7月25日(月)午後となります。

 

(4) 問い合わせ先

産学・地域連携推進機構 研究推進部門 長島 正明

E-mail:nagashima@cjrd.tottori-u.ac.jp  電話:(0857)31-6716(内線4056)

 

(5) 提出先

研究・国際協力部 研究協力課 産学連携係

E-mail:ken-renkei@ml.adm.tottori-u.ac.jp  電話:(0857)31-5541(内線2714)

 

なお、詳細は公募要項をご覧ください。

H28事業化公募要項

H28事業化申請書