第1章 総 則

(目  的)

第1条 本会は、鳥取大学と地元産業界との交流を推進し、相互理解を深めることにより、鳥取大学と地元産業界との産学連携を推進し、ひいては県内産業の振興を図ることを目的とする。

 

(名  称)

第2条 本会は、鳥取大学振興協力会と称する。

 

(事務局)

3条 本会の事務局は、鳥取大学(鳥取市湖山町南4丁目101番地)内に置く。

 

 

 

 

第2章 事 業

(事  業)

第4条 本会は、第1条の目的を達成するため次の事業を行う。

(1) 鳥取大学と地元産業界との交流事業
(2) 鳥取大学と地元産業界との相互理解を深める事業
(3) その他、本会の目的を達成するために必要な事業

 

 

 

 

第3章 会 員

(会  員)

第5条 本会の会員は、本会の趣旨に賛同した法人などで構成する。

 

 

 

第4章 役員等

(役 員)

第6条 本会に次の役員を置く。

(1) 会  長    1名
(2) 副会長    2名
(3) 理  事  15名以内
(4) 監  事    2名

2 役員は役員会で推薦し、総会の議を経て決定する。
3 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
4 任期の中途において、役員が所属する組織の人事異動等により役員が辞任した場合は、当該組織から推薦のあった者を後任に充て、その任期は前任者の残任期間とする。
5 役員は任期満了後でも後任者が就任するまで、その職務を行うものとする

 

(役員の職務)

第7条 会長は本会を代表し、会務を統括する。
2 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときはその職務を代行する。
3 理事は本会の業務の運営にあたる。
4 監事は会計事務を監査する。

 

(名誉会長、相談役及び顧問)

第8条 本会に名誉会長、相談役及び若干名の顧問を置くことができる。
2 名誉会長は、本会の会長の職にあった者で、特に本会に対して功績顕著であった者とする。
3 名誉会長、相談役及び顧問は、役員会で推薦し、総会の議を経て決定する。
4 名誉会長、相談役及び顧問は、本会の発展・育成のための助言を行う。

 

 

 

第5章 会 議

(会議の種別)

第9条  会議は総会並びに役員会とし、総会は通常総会及び臨時総会とする。
2 臨時総会は必要の都度、会長が招集する。

 

(総会の議決事項)

第10条  総会は会員をもって構成し、次の事項を議決する。

(1) 会則の改廃に関すること。 
(2) 予算及び決算に関すること。
(3) 事業計画及び報告に関すること。
(4) 会費に関すること。
(5) その他、本会の運営についての重要な事項

 

(議事の議決)

第11条 総会並びに役員会の議事は、出席者の過半数の賛成で決するものとする。

 

 

 

 

第6章 会 計

(経費・会費)

第12条 本会の経費は、会費及び事業に伴う臨時会費、その他の収入をもってあてる。

2 会費の年額は、一口(一万五千円)以上とし、事業年度当初月に一括納入するものとする。また、事業に伴う臨時会費は、必要に応じ実費を徴収することができる。 

3 事業年度途中の入会の場合も1年分を納入するものとし、また既に納付した会費は返却しない。

 

(事業年度)

第13条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、3月31日に終わるものとする。

 

 

附 則

1 この会則は平成12年12月14日から施行する。
2 初年度の事業年度は、第12条の規定に関わらず、平成12年12月14日から 平成13年12月31日までとする。

附 則

この会則は平成15年1月29日から施行する。

附 則

この会則は平成16年2月12日から施行し、平成16年1月1日から適用する。

附 則

この会則は平成17年2月2日から施行し、平成17年1月1日から適用する。

附 則

この会則は平成19年2月16日から施行し、平成19年1月1日から適用する。

附 則

この会則は平成20年8月27日から施行する。

附 則

この会則は平成26年2月20日から施行する。

附 則

1 この会則は平成27年2月17日から施行し、平成27年1月1日から適用する。
2 役員の任期は第6条第3項の規定に関わらず、平成27年1月1日から平成29年3月31日までとする。
3 平成27年度の事業年度は、第13条の規定に関わらず、平成27年1月1日から平成28年3月31日までとする。