研究室見学(総合メディア基盤センター)を開催

鳥取大学振興協力会では会員企業の皆様と鳥取大学の関係をより親密なものにするため、定期的に

研究室見学会を開催しています。

 

 第14回目となる今回は、総合メディア基盤センターの見学を行いました。

 

総合メディア基盤センターは、大学の教育・研究・業務を支える学内ネットワークやコンピュータシステムの

管理・運営を行っている組織です。

 

最初に小林センター長から、鳥取大学の情報システムの概要と情報セキュリティを確保するための取り組みに

ついて紹介がありました。続けてサーバー室の見学もあり、システム管理についての説明が行われました。

 

その後、5人の先生から、それぞれの研究内容の発表があり、参加された方々は熱心に聞き入っておられました。

〇石田教授:電気・電子回路網の研究(能動フィルタの開発)、情報教育実践に係る研究(情報科学系授業における

学習プログラムの開発教育)について

〇井上教授:認知症早期発見のためのコンピュータ検査システムと感染症情報提供システムについて

〇本村准教授:オブジェクトストレージの活用について

〇大森准教授:ネットワークの省電力化と新世代ネットワークに関する研究について

〇東野助教:モバイルエージェント技術活用によるICT化促進について

P1030374

 

P1030372

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

日 時:平成27年12月18日(金) 13:30~15:00

場 所:鳥総合メディア基盤センター

参加者: 11名

 

総合メディア基盤センターの詳細は以下URLをご参照ください。

http://www.center.tottori-u.ac.jp/