研究室見学(工学部 西山研究室)を見学

鳥取大学振興協力会では会員企業の皆様と鳥取大学の関係をより親密なものにするため、定期的に研究室見学会を開催しています。

第28回目となる今回は工学研究科情報エレクトロニクス専攻 西山研究室の紹介を行います。

人工知能を支える基盤技術の一つとしてパターン認識があります。この技術は,映像や写真など大量のメディアから意味のある情報を取り出すことを目的としています。例えば,防犯カメラを用いた人物認識,ロボットアームからの物体認識など,パターン認識の応用は皆様の身近なところで実用化されつつあります。その研究内容についてご紹介していただきました。

 

また実際に研究室にて学生による研究内容のコンピューターを用いて実演などを行っていただきました。

 

 

実際のパターン認識の活用方法など参加者の方々は興味深く見学されておられました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

日時:平成30年6月20日(水)13:30~15:00

場所:鳥取大学 工学部棟

工学研究科 情報エレクトロニクス専攻 メディア理解研究室

http://seki.ike.tottori-u.ac.jp/